Blog

衆院解散へ

 ←10月のイベント →熊野三山へ
こんにちわ、majyoです、

稲荷神の申し子でっす。

どれだけ申し子かといいますと、「稲荷信仰なきものは不届きもの!」と最近罵るくらい申し子です。笑


さて、そんな私ですが高校時代の政治経済は赤点ばかりだったのに何故か政界に関係するようになったこの6年ほど。
よく考えたら、8年前くらいにも、実は政治家(衆院)みてたのを最近になって思い出しました。

その政治家はけっこうアーな人間でして、とある武将の子孫で、私も好きなとある漫画があるのですがその主人公にもなっている先祖がいるという。私はその先祖の大ファン(あくまで漫画の架空設定のファン)だったのでキャーと言ってたのですが、ア●ウェイがらみの講演とかして政治献金問題やらいろいろあってタイーホされたのかされてないのか、秘書がされたんだっけ的なかんじでアーな人でした。


ヤクザに小銭にぎらされたチンピラ学生に、原チャリでつっこまれたり、ナイフで刺されたけど大事にいたらずすんだとかいろいろ話してたのを思い出します。いつも会ったら、顔が蒼かったので今考えるとアイツ呪われてたんだろうなと思います。笑



そして、こんなニュース。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6254395

安倍晋三首相は28日の臨時国会冒頭にも衆院を解散する方針を固めた。政府・与党は衆院選を「10月10日公示・22日投開票」の日程で実施することを軸に調整に入った。



何で今?的なかんじですけど、10月10日なんですよね。



「稲荷神が政界に干渉する」


という夢を昨年からみているわけなんですが、いよいよはじまる10月10日みたいな。

そう、とおか、とうか、稲荷を音読みすると、とうかです。

そのため、稲荷はいなりの別読みで「とうか」といいます。


10月10日からはじまる、稲荷神・ダキニテンによる世直しみたいなかんじですかね。


相当厳しいことが連発で、いろいろあるんじゃないかと思います。


そう、稲荷神は厳しいです。

世の中全般的に、人間界全般的に、


「隠し事」


を公にしたり、その人間の本質をあぶりだすような問題を起こしたりするらしいです。
コエー



いろんな業界において、人間界で「その業界にふさわしくない実力なきものの大淘汰」みたいなかんじらしいです。


先日、夢で伏見稲荷にいっていたのですが


「人間関係を淘汰せよ」


というお触れが描かれた看板がありました。
そういうかんじなんでしょうね。

無駄な人間関係ってマジいらないですね。
いらんわそんなもん、といつも思います。



どうでもいいことに時間を割くくらいなら、寝てるほうがまし。
それが、稲荷神の教訓です。


最近の神社仏閣で、人間界もゆるくなって甘ちゃんが増えてしまったので商売繁盛のすさまじい実力をもつ稲荷神たちの意と反する教えが氾濫していまして、稲荷神たちもゲキオコらしいです。


彼らの教えは1つ1つ、すごいんですよね。
1つでもその教えを授かり、学んだなら本当に人生が変わります。
激変します。

現世ご利益ってのは、勝手にタナボタ的なものがおちてくるんじゃなくて、自分の考えなり思想なり、動き方なりが変わるように学ばせて実力をつけさせることをいいます。


お金がその時はいったとしても、その場限りでしたら意味がありません。
維持するために、まず安定させるようにします。


安定し、財を得るようにさせます。

財は、信頼、人脈から成り立つことを教えます。


そして何より、一番はじめに。


「自分の身の丈」

について悟らせます。


自分は、この世でどれくらいの価値がある?


それを、客観的に、冷静に向き合わせます。

それがわからなければ、自分と、自分が向き合う世界を構成するものとは向き合えません。


例えばそうですね。孫さんが、アフリカの文明力がほぼない原住民の村にいったとします。
彼らとは言語が通じません。いくらスマホをみせたところで、わかりません。
そんなもん彼らの村社会には通用しませんから。

価値はありませんから。

そこで、どうやって、自分の価値を認めさせる?



稲荷神なら、それができます。

そうやって、私は生きてきました。笑



人間というものは、ここちいい井戸の中にいて狭い世界で満足しつづけると

「井の中の蛙」

となりますので、その性質をよく知っている稲荷神は


「どんどん前進し、自己成長するようにアフリカ原住民のとこばっかいけ」


ということもあります。でも、実力を高めたければ、ビジネスのセンスをみがきたければそれが一番近道ですね。



自分と価値観がまったくあわない人間、わかりあえない人間でもわかるようにしむけること。

これこそが、ビジネスの醍醐味です。


結果、価値が認められればそれは市場となります。

そこで、その市場で話す言葉がわかるようになって、仲間となります。

仲間はいつ、仲間割れするかわからないので仲間といいます。笑



内輪の人間に対して、稲荷神は「家族」「同族」「同志」といいます。


同じ志があると、価値とか対価とか利益とか、どうでもよくなります。
相手のために、自分も同じ目的をもっているので、動くようになります。
互いに協力します。


ですから、仲間と、同じ内輪とは分けて考えます。



友人関係というのは、もろくも儚いものです。


そこに利害関係の一致はなく、都合の一致はあります。


「話があう」
「一緒にいてここちいい」
「自分の味方でいてくれる」
「楽しい時間をすごせる」


ここでいう楽しいというのは、愉快だったり、快楽を目的としていますね。


しかし、稲荷神的にはそれは堕落、無駄といいます。
精算的ではない消費的な行動ですね。

お金と時間をつかって、何も生み出さないことをゆるしません。
(そのため私はテレビをみませんし、愚痴を話すためのお茶とかしません)


人生を有意義につかいたい、お金をもうけたい、成功したい。


どんな目的でもいいですが、そこに追加して自己成長とか夢とか野望とかあるとよりいいですね。
稲荷神的に、魅力を感じてサポートしてくれるかもしれません。



自分が何かで成功したければ。
目的を達成したければ。



「自分の価値」


とまず、向き合うことからスタートすること。
私は、大事だと思います。




人間に値段はないといいますが、ありますね。


仕事で皆、給与が違います。
それが、価値です。


私が昔、仕事で投資をみていたときに3か月後に良い結果を出したのですが、3か月たつまでクライアントに罵られ続けたことがあります。彼は一代でそこそこの財を築いた個人投資家でして、自分が苦労して儲けた金を一銭も無駄にはしたくないわけなんですね。


3か月の間、罵られた結果ある時は土下座をし、頭をけられたのですがそこで一喝された言葉を私は教訓にしています。


「オマエの頭にどんだけの価値がある?

土下座が高いとでも思ってるのか?」


確かに。しかし、土下座も、謝罪も、反省もできないクソみたいな人間はこの世の中には大勢います。
私は、謝罪する行為をすれば許してもらえるという期待があったんだろうと思いました。
結果を出した後、罵られることはありませんでしたが報酬は予想通り約束以下でした。

しかし、勉強料と考えることにしました。

「土下座しても、ハラキリしても、首くくっても、ゆるされない世界があるんだよな」


と思うようになり、言葉ではわからない責任とか結果とか、いろいろ見つめるようになりました。


言葉さえも出せないプライドが高い人間は腐るほどいますね。


そういうのしかいない国だから日本はもうだめなんだなと、思います。笑

もうすぐ、日本は戦争がはじまったのをいよいよ感じて、誰かがなんとかしてくれると思っていて、いつのまにか強制的に徴兵されるようになって自分もまきこまれてる!と言い出すんだと思います。


しかし、そもそも、今までじゃあ誰がこの平和を維持していたの?
誰が守ってくれていたの?


誰が問題を解決してくれたの?



一般大衆が叩いてきたものの結果を、一般大衆がみるようになる。
そういう時代だそうです。言論の自由とはよくいいますが、言論は自由ですが影響を考慮しなければなりません。
それが責任というものです。言論は自由だけれどそのその他大勢は同じくして責任を共有するわけです。


私が最近思う事。

それは、この国の土壌は守りたいし神様も守りたいし土地が荒らされないようにしたい。



しかし、日本人の荒れた精神性の結果、それらがおこるならば、日本人は守るべきではないと思います。


日本人は一度、もうすでに世界の中で日本人には価値がなく、多くの国に虐げられ使われる立場を他の先進国と同様に味わうべきではないかと思うのです。


厳しい現実とむきあわなければ、わからないことは山ほどあります。

それを教えてくれるのが稲荷神です。



稲荷神は、どこにいってもやっていけるだけの実力をつけるように導きを与えてくれます。



ちなみに、稲荷神をこわいというひとはおおいですが、人間に一番近いし、一番情が深くて優しいと思います。

他の神様はサイコパス以上です。笑



IS,麻薬組織、テロやゲリラそれらは水神様です。


軍需産業は稲荷神です。



どんな業界でも、成功したければ彼らに認められなければ道はありません。
それが一流というものなんだそうです。



楽して誰かに援助されてもらった100万よりも、自分が汗水たらしてがんばってかせいだ1万の方が尊い。


そう教えてくださる稲荷神は、誇り高き神様です。

ちなみに、ねずみ講、ネットワークビジネスとかそういう関連は、稲荷神の祟りだそうです。
破産とか、お金に関係するもの全般もそう。


色情魔、近親相姦もですね。





神罰というのは、ただあやまったからといってゆるされるものではありません。

あちらの世界にもルールがあります。


ゆるすべし、となるまで神様の仕事、はたらきをしなければなりません。



そういう人が、これから日本で増えるそうです。


babymetalがワールドツアーしたのも、流行ってるのもそういう影響かもしれませんね。







スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png Blog
もくじ  3kaku_s_L.png 妖精
もくじ  3kaku_s_L.png 魔術
もくじ  3kaku_s_L.png 遺跡の発掘
もくじ  3kaku_s_L.png 東洋の呪術
もくじ  3kaku_s_L.png 過去世
もくじ  3kaku_s_L.png 旅行記
もくじ  3kaku_s_L.png 夢日記
もくじ  3kaku_s_L.png ホラーな思い出
もくじ  3kaku_s_L.png へたくそ漫画
もくじ  3kaku_s_L.png 魔女ブランド
もくじ  3kaku_s_L.png 戦争
もくじ  3kaku_s_L.png オカルトネタ
もくじ  3kaku_s_L.png majyoの豆知識
もくじ  3kaku_s_L.png 音楽

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【10月のイベント】へ  【熊野三山へ】へ

INDEX