過去世

古代出雲の過去世②八ヶ岳

 ←古代出雲の過去世①松本 →古代出雲の過去世③生まれ故郷
これは、8年ほど前に見た夢。


八ヶ岳の上には、火の精霊の神殿があった。
そこは、周囲からはわからない結界がはられていた。火の精霊の神殿のみ、そのような機能をもつ。

私は、しばらくそこにかくまわれていた。幼少期、松本から逃げて八ヶ岳の地にたどりついた。

古代出雲は、日本列島だけでなく世界的に大規模な国家として君臨していた。
何故なら、その起源は太陽系の中心である月に起源をもっていたからだ。


王都とよばれた松本がなくなり、皆、それぞれに各地の都に避難をしていた。



私は、八ヶ岳にある神殿にいた。そこで、姉のような存在がいた。
今世も他の過去世でも何度も姉として転生した時代を共にすごしたソウルメイト。
Yちゃんだ。


Yちゃんの過去世は、その時も私と仲良くしてくれていた。
彼女は、その神殿を次期、まかされる優秀さだった。


その神殿は、大きな火の精霊の力を司っていた。


ある時、そこから離れなければならない時期がきた。
その前に、私の兄が会いに来た。


今世、知り合っているH氏だ。H氏は過去世で兄だった。


H氏は、これからある神殿にいって自決をしなければならないと話していた。
それは、神官たちと話す会話で私はこっそりと聞いていた。

彼は、自分が血を流し、古代出雲族に水の精霊がより力をかしてくれるようにするために、ある地域にいくと話していた。
それは、現在富山と呼ばれる地域だった。


私は、それを聞き、身体が震えた。

その後、私は兄にその話をきいたことを打ち明けずに送りだした。


兄は、唯一、その過去世で家族として接点を深くもっていた存在だった。
ぼんやりと、喪失感が日に日に侵食してくるようだった。



その後まもなく、私も八ヶ岳を去り、次の地に向かった。

それは、現在の私の生まれ故郷だった。


私は、この地で果て、この地で再生したのだ。
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png Blog
もくじ  3kaku_s_L.png 妖精
もくじ  3kaku_s_L.png 魔術
もくじ  3kaku_s_L.png 遺跡の発掘
もくじ  3kaku_s_L.png 東洋の呪術
もくじ  3kaku_s_L.png 過去世
もくじ  3kaku_s_L.png 旅行記
もくじ  3kaku_s_L.png 夢日記
もくじ  3kaku_s_L.png ホラーな思い出
もくじ  3kaku_s_L.png へたくそ漫画
もくじ  3kaku_s_L.png 魔女ブランド
もくじ  3kaku_s_L.png 戦争
もくじ  3kaku_s_L.png オカルトネタ
もくじ  3kaku_s_L.png majyoの豆知識
もくじ  3kaku_s_L.png 音楽

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【古代出雲の過去世①松本】へ  【古代出雲の過去世③生まれ故郷】へ

INDEX