過去世

鎌倉幕府②牛久の墓で

 ←鎌倉幕府①今世の、魂の旅のはじまり →鎌倉幕府③新しい旅立ち
私とYちゃんは、牛久に行った。
その当時、私は都内に住んでいたので、都内から2時間はかからない距離だった。

最寄駅からは、バスで移動しなければならないようだった。
最寄駅についた時に、すでに私は具合が悪くて吐きそうだった。

「大丈夫?」


Yちゃんは、心配そうに私を気遣ってくれる。
うん、大丈夫、とこたえて先を急いだ。



その土地では、私の祖先は、怨霊としてまつられている。
しかし、町おこしする素材がないため、観光名所のようになっているのだ。
なんだか奇妙だった。


「鎌倉権五郎景政の足取り」

のようなマップまであった。そう、彼が歩いた道をハイキングしようというコースまであった。


私たちは、徒歩で、数キロ、彼が死ぬまでにたどった道を歩んだ。

歩きながら、風を感じ、私は想いを馳せた。


「少年で、まだ幼いのに、つらかっただろうな」


初陣を飾って、何か成したかったんだろうな。きっとすごい精神をもっていたんだろうな。
自分の先祖を調べたり、足取りをたどるうちに私は、自分の先祖がもし同じ年ならきっと恋をしていただろうと思った。


途中何度も道に迷いながら、ようやく辿りついた墓。
そこは、とてもきれいに整備されていた。

そして、私たちを、きれいな八重桜がむかえてくれた。

re2010筑波~牛久[39]

私たちは、そこで少し休憩した。
Yちゃんは、お供えのお団子をつくってきてくれていた。
これは後で知ったことなのだけれど、Yちゃんがつくってきたお団子と全く同じお団子を、その土地では「念仏団子」といって鎌倉権五郎景政公の供養でつくるお祭り行事をしていたそうだ。本当に、すごいと思った。


曇っていた空に、一筋の光がさして、私たちはわぁ、と言った。
隣の畑に、人がいたので尋ねることにした。


「すみません、私はこの墓の子孫で、分家の分家なのですが、管理されている方にお礼をお伝えしたいのですがご存知でしょうか?」


畑を耕していたおじいさんはその手を止め、私にこう言った。


「ああ、ここはうちが管理しているよ。正統な桓武平家の方からお金をいただいて、墓もきれいにしているし、大丈夫。ありがとう」


そうなんだ、とちょっとショックだった。表の歴史では隠していて、そうまでして何を守りたいのだろうか。

おじいさんは、続けてこう言った。

「鎧兜を守ってる家も、あるよ。どこかわすれたけど」


少し、Yちゃんと散歩をしながら近辺を観察していた。お米屋さんがあったので、その中に入って尋ねることにした。
中から、40代男性があらわれた。恵比寿様のようなにこやかな笑顔の男性だった。

「ああ、その家なら知ってるよ。○○さんのところだ。連れて行ってあげよう」


突然の訪問にも関わらず、その男性はわたしたちを鎧兜のある家まで連れて行ってくれた。


すると、広い庭の、日本建築があった。

中に入ると、おばあさんがいた。代々、このあたりの領主をしていたらしい。
色々と話をきかせてくれた。そして、鎧兜も見せてくれた。


「これを着て、初陣を飾ろうとしたんだ」

そう想って、私はその鎧兜に触れた。

その家では、代々祟りが起こるらしい。
必ず男子は眼病になり、15で亡くなるというのが続いた。

そのため、村をあげて、怨霊を鎮める祭りをはじめたのだとか。
そのあたりの沼の魚も、片目がない魚ばかりがうまれたのだそうだ。


その家のおばあさんは、私に尋ねた。


「あなたたち、若いのになんで、こんなところまでこようとおもったの?」


私は、こうこたえた。


「自分は子孫で、もし本当に牛久で死んでいたなら、謝らなければならないと思ったからです」


そう、と言っておばあさんはやさしい顔で私を見た。
私たちは、その後都内に帰った。


その夜から、不思議な夢を見始めた。


その日に見た夢はこうだ。


私は、苔がむす広い庭にいる。
知らない女性がいて、こういう。

「この奥に、あなたの過去世がいます。会いに行きますか?」


私は、怖い、と思って、いやです、とこたえた。しかし、何故か私は移動していて、茶室のような場所にいる。

その茶室の中には、発狂乱で、泣きながら何かをしている少女がいた。
それは、私の過去世のようだ。

少女は、片目がなくて、自分の眼を刺していた。そこで目が覚めた。
とても目覚めが悪いながら、なんだか続きがあるような気がした。

スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png Blog
もくじ  3kaku_s_L.png 妖精
もくじ  3kaku_s_L.png 魔術
もくじ  3kaku_s_L.png 遺跡の発掘
もくじ  3kaku_s_L.png 東洋の呪術
もくじ  3kaku_s_L.png 過去世
もくじ  3kaku_s_L.png 旅行記
もくじ  3kaku_s_L.png 夢日記
もくじ  3kaku_s_L.png ホラーな思い出
もくじ  3kaku_s_L.png へたくそ漫画
もくじ  3kaku_s_L.png 魔女ブランド
もくじ  3kaku_s_L.png 戦争
もくじ  3kaku_s_L.png オカルトネタ
もくじ  3kaku_s_L.png majyoの豆知識
もくじ  3kaku_s_L.png 音楽

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【鎌倉幕府①今世の、魂の旅のはじまり】へ  【鎌倉幕府③新しい旅立ち】へ

INDEX